アドラー心理学ではトラウマを否定しています。
その考え方が、シータヒーリングにも通じるところがります。

アドラーはトラウマの議論を否定するなかで、こう語っています。

「いかなる経験も、それ自体では成功の原因でも失敗の原因でもない。
われわれは自分の経験によるショック――いわゆるトラウマ――に苦しむのではなく、経験の中から目的にかなうものを見つけ出す
自分の経験によって決定されるのではなく、経験に与える意味によって自らを決定するのである」と。
アドラーが「経験それ自体」ではなく、「経験に与える意味」によって自らを決定する、と語っているところに注目してください。
たとえば大きな災害に見舞われたとか、幼いころに虐待を受けたといった出来事が、人格形成に及ぼす影響がゼロだとはいいません。影響は強くあります。しかし大切なのは、それによってなにかが決定されるわけではない、ということです。
私たちは過去の経験に「どのような意味を与えるか」によって、自らの生を決定している。
人生とは誰かに与えられるものではなく、自ら選択するものであり、自分がどう生きるかを選ぶのは自分なのです。
過去の経験にどういう意味を与えるかは、自分で決めています。
シータヒーリングでは、その経験に対するあなたの意味付けを変えます。
辛い経験をするために、不幸になるために その出来事が起きたわけではなく、その経験を通じて何かを学びたいと思っているだけです。
人間は成長したいと思っています。
肉体的、精神的、知的に成長したい、だから学びたいと。
シータヒーリングでは、その学び方が嫌であれば、学び方を変える事をしていきます。
ちなみにシータヒーリング創始者のヴァイアナ女史は、トラウマがあれば引き抜いて創造主の元へ送るよう言っています。(それだけで解消しない場合もあります)
私はメンタル不全になった時期があります。私は異動先の上司と考え方が合いませんでした。
異動先で男性先輩がメンタル不全になりました。それも上司のパワハラです。
先輩が休職した際、私は自分の仕事と先輩の仕事のカバーで一杯でした。上司は無関心です。
周囲には、「上司の責任なんだから、あなたが(先輩の仕事を)する必要ないわよ。
たまには痛い目にあわないとわからないわよ」
そういわれましが、私はそのままにしておけず自らカバーしました。
これは当時の私のクセでした。
そんな時に、上司は上司のミスをいくつか私に押し付けました。
それも事前に対策をしようとした私の意見に「そんなことしなくていい」と馬鹿にして相手にしなかった、にも関わらずこの結果です。どんなに悔しかったことか。。。
他の部署の部長職の方が私が残業が多いのを心配して
「彼が休んでいるから、(私に)負担がかかっているんじゃないか」そう言ったら
「する事ないのに、残業している。彼がメンタルになったのは彼女(私)のせいだ」
とまで言ったらしく。。。
他部門の管理職の方が「大丈夫なの?」と心配して教えてくださいました。
私は一瞬、頭の中が真っ白になり、自分が何を頑張っているのか、何をしているのかわからなくなりました。
私の上司は、私を心配してくださった方に私の悪口や変な噂話、部下をメンタルに追いやった事、自分のミスを私に押し付ける、、、
こんなことが続いた時、ある日残業中に涙が止まらなくなりました。
(ちなみに誤解のないように申し上げますが、
私が以前お世話になった会社は尊敬すべき素晴らしい方々も多くいらっしゃいます。)
それに昇格した事で女性の先輩のイジメ、職場の同僚、プライベートでは義理の家族とも辛い出来事ばかりでした。
その結果、私は胃腸の調子が悪くなり、倒れそうな位に体調不良になりました。
何度も検査しましたが身体は全く異常がなく、ストレスではないかと言われました。
何度も何度も辛い場面を思い出し、人間不審に。
PTSDと診断されました。
それから仕事を休み「私が病気になったのはあなた達のせいだ。私は絶対に許せない」そう思っていました。
心療内科での治療、臨床心理士の心理カウンセリングを受けていました。
苦しいのは変わりませんでした。
その時は心の中で
「私はこの辛い経験を乗り越える。そしていつになるかわからないけど、
『この辛い経験があったからこそ、今の私がある』と思えるようになろう」
当時の私はとてもそんな風には思えなかったんです。
未来に思えるようになるとも思っていませんでした。
とても大きくて遠すぎる目標のようでした。
それから精神世界に出会い、学びを深めていきました。
当時「許せない」とさえ思っていた元上司の事、
いまでは「そんな出来事があったよね」と思っています。
私は4年前に福岡から東京へ転居しました。
転居が落ち着いた頃、
私は主人に
「〇〇さん(元上司)とは年賀状のやり取りだけだから、手紙で近況を報告しようかな。
私の事を元気かどうか心配しているかもしれない」
主人は
「そうな風に〇〇さんの事を思えるようになったんだ。本当にすごいね、シータヒーリングのおかげかな」
私が回復した事を、心から喜んでくれました。
私は当時は遠いし、叶わないんじゃないかと思っていた目標を達成しました。
辛い経験があったからこそ今の私がいる、と心から思えています。
私はいろんな辛い経験をしました。
ですが回復しました。
メンタル不全を経験する前より心が豊かになったと思います。
あなたは、いまの状況が辛いと感じていますか?
辛い状況から抜け出す選択をしてみませんか?
選択したらアドラー心理学でもシータヒーリングでも、その他のツールでも何でも好きな方法で良いと思います。
少し勇気をもってみませんか?
過去の辛い「経験に与えた意味」を変えませんか?
シータヒーリングではどうやって変えるの?
興味をもってくださった方は、シータヒーリングの体験ができますので、どうぞお問い合わせくださいね。

 

お問い合わせはこちらから